神奈川県には中華街をはじめラーメン博物館、サンマー麺に家系・・・
神奈川の名物のひとつに数えられるのが「ラーメン」。
神奈川県内は様々なラーメン店がしのぎを削り、今や日本屈指の激戦地といわれています。

番組では、ラーメン評論家のはんつ遠藤、MC・ナレーターの安治美穂が人気のお店、話題のお店を訪ね、店主のラーメンにかける想いを伺い、珠玉の一杯を堪能し、情熱ラーメン店を紹介していきます。
また、番組の詳細情報のほか、視聴者の皆さまからの情熱ラーメン店を募集したり、期間限定の懸賞キャンペーンなどを予定した特設Webサイトが、番組を盛り上げます。
 

あらすじ

【特別編】 熱麺・シネマる!

神奈川県内の美味しいラーメン店を巡る「熱麺・シネマる!」ですが、前回に引き続き、いつもはシネマ助監督のはんつ遠藤が、ラーメンの基礎知識を徹底解説!

後編となる今回は「基礎からわかるラーメン業界用語」をお送りします。

最初は「○○製麺」というワードについて。

自家製麺ではなく、製麺所の麺を使っているお店を見ていきます。

 

「現在は特注麺を作ってもらえるので、好みの麺ができます。麺は麺屋さんに任せたほうがよいという考え方ですよね。デメリットとしては、自家製麺のほうが安くできるということ。自分好みの麺をちょこっと作るなら、自家製のほうがいいと思います」と、はんつ氏は解説してくれました。

 

さて、有名製麺所の麺を使ったお店といえば、11月後半に放送した「らーめん やまかわ」。札幌・西山製麺の中太たまご麺を使用しているのが特徴です。

西山製麺は、味噌ラーメンと言えば西山麺と言われるほどのメジャーな製麺所です。

 

また、12月後半放送の「一文無」の支那そばは、細いのにしっかりとした食感の麺がポイント。はんつ氏も「このコシは何でだろう?」と不思議そうでした。

そして、1月前半放送の「らーめん ひの木」もこだわりの麺を使ったお店。小麦の風味漂う麺は、卵を多く使用して独特とした食感を引き出しています。衛生面などを考慮し、あえて自家製ではなく、新亜製麺所の麺を使っているのだとか。

 

さらに、特徴のある麺といえば、2月後半に放送した「ラーメン亭 笑苑」。使用している丸山製麺の麺は、食べやすいように通常の麺よりも短くなっています。はんつ氏も「噛み締めると跳ね返るような弾力がある」と絶賛でした。

続いてのラーメン業界用語は「無化調」。

化学調味料を使っていないという意味です。

 

「無化調と聞くと何となく安心しますよね」とカティーは言いますが、はんつ氏によれば、化学調味料を使ったほうが、味が安定しやすく、ブレなくできるのだとか。そして、無化調は魚介をたっぷり使ったり、コンブや椎茸などを用いたりするので、それなりのコストもかかるのだそうです。

 

無化調のお店といえば、まずは11月前半放送の「鯵壱北條。」コラーゲンと豚骨のスープに、焼いたアジの干物から取ったスープを合わせ、魚介の旨みと香りを引き立たせています。

また「らーめん ひの木」も無化調のスープ。尿酸値の高いお客様にも安心して食べてもらえるようにと塩分を控え目にし、その分コクを出すために、サンマやカキ、エビなど、たくさんの魚介を惜しみなく使用していました。

 

「どちらも無化調と言われなければわからないほど、スープに旨みが出ていました」とカティーは無化調のラーメンがお気に入りの様子です。

さて、お次のラーメン業界用語は「逆浸透膜水」。

聞き慣れない言葉に「浄水器とは違うんですか?」とカティーが質問します。

 

「浄水器をさらに追求した感じですね。RO水とも言います」とはんつ氏。逆浸透膜浄水器は、不純物を強力に取り除くことができるもので、最近は安くなってきて、レンタルもできるのだとか。神奈川県には、逆浸透膜浄水器を使っている店が比較的多いのですが、それは佐野稔さんの影響もあるのだそう。

 

もちろん、ただキレイな水というわけではありません。はんつ氏いわく「不純物がない分、ダシの旨みがダイレクトに出る」とのことです。

 

そして、逆浸透膜水を使っているお店といえば、1月後半に放送した「らーめん HANABI」。麺にもスープにも、また飲み水にも逆浸透膜水を使うため、店内には大きなサイズの浄水器が2つ。麺の味はもちろん、茹でたときに崩れにくいというメリットもあるそうです。

最後は、外観や店内の雰囲気など、味以外の様々な工夫について。

 

「鯵壱北條。」は、一見ラーメン店には見えない、日本家屋が店舗。旧東海道周辺に残る昔ながらの建物の1つで、こちらの建物は大正12年にできたものだそうです。

 

歴史を感じさせる店といえば、12月前半に放送した「ラーメン246亭」もインパクト抜群!レトロな雰囲気漂う外観で、店内は昭和にタイムスリップしたかのような造り。しかも、これらは全てご主人と奥さんの手作りというから驚きです。

また、店内に3000冊以上のマンガが置かれている「一文無」や、カウンターのヒノキの一枚板が店名の由来になっている「らーめん ひの木」なども独特でした。

 

「どれがいいって聞かれても、どれもいいんですよね!」とカティー。それぞれの店に、それぞれの魅力があるんですね。

 

最後に、この番組HPに寄せられたクチコミ情報を紹介して、2回に渡ってお送りした「熱麺シネマる! 特別編」も終了!はんつ氏の見事な解説で、ラーメンの知識がさらに深まったカティーなのでした。

back number

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

NEXT