神奈川県には中華街をはじめラーメン博物館、サンマー麺に家系・・・
神奈川の名物のひとつに数えられるのが「ラーメン」。
神奈川県内は様々なラーメン店がしのぎを削り、今や日本屈指の激戦地といわれています。

番組では、ラーメン評論家のはんつ遠藤、MC・ナレーターの安治美穂が人気のお店、話題のお店を訪ね、店主のラーメンにかける想いを伺い、珠玉の一杯を堪能し、情熱ラーメン店を紹介していきます。
また、番組の詳細情報のほか、視聴者の皆さまからの情熱ラーメン店を募集したり、期間限定の懸賞キャンペーンなどを予定した特設Webサイトが、番組を盛り上げます。
 

あらすじ

【第20弾】 麺や楓

モデルで料理研究家のカティーとラーメン評論家のはんつ遠藤が、ラーメンの味や素材の情報はもちろん、店主の情熱や創業時のエピソードなど、神奈川県内のラーメン店を様々な角度から徹底取材。その情報をもとに2人がシネマ監督と助監督になって、お店の魅力がいっぱい詰まったシネマ作品に仕上げます!

さて、番組も2年目に突入し、ますます創作意欲が湧きあがっている2人が今回訪れたのは「熱麺・シネマる!」では2回目となる小田急線本厚木駅。


はんつ助監督によれば、ここには味噌ラーメンで有名なお店があったのですが、昨年2月にリニューアルオープンして、まったく違ったラーメンを提供するようになったのだそうです。はんつ助監督もリニューアル後のラーメンはまだ食べていないということで、2人ともワクワクしながらお店へと向かいます。

 

お店の名前は『麺や楓』。リニューアル時に店名も変更しているので、はんつ助監督は「何で楓なんだろう?」と不思議顔。もちろん、内装がどうなっているのかもわからないので「気になってしょうがない」と珍しくソワソワしています。

そして店内に入ると「店内も個性的ですね!」とニコニコするカティー監督に対し「前に来たときと、やっぱり雰囲気が違いますね」とはんつ助監督はちょっと困惑している様子です。

 

しかし、もちろん変わったのは店名や内装だけではありません。店主の佐藤秀保さんによると、人気メニューだった味噌ラーメンは、ベースの味噌から配合を変えているのだとか。

 

どんな味になったのだろうと気になるはんつ助監督は、メニューを手にしてさっそく注文!

チョイスしたのはもちろん味噌を使った「きのこ肉味噌らーめん」。一方のカティー監督は、お店のリニューアルで登場した看板メニュー「楓らーめん」を注文します。

まずは、カティー監督が濃い茶色のスープをひと口。

「わ! 香ばしいです。魚介の香りとシイタケの味を強く感じますね」とカティー監督が言うように、楓らーめんはシイタケの旨味をよくきかせた豚骨ベースのスープに、魚粉をたっぷりと加えることで魚介のダシの香ばしさを感じさせているのが特徴です。

 

普通のラーメンでもスープにシイタケをきかせることはありますが、ここまでシイタケが前面に押し出されているのは珍しいもの。カティー監督も「これは新しいですね!」と感心しきりでした。

 

一方、はんつ助監督はスープを見た瞬間から「何か違いますねぇ、普通の味噌ラーメンじゃない!」と指摘。

まずは、普通にスープを飲んでみると、あまり味噌っぽくなく、上からかけられたゴマペーストの風味のほうが立っている感じ。しかし、こんもりとした肉味噌を溶かしてみると「あ、辛い!」と、はんつ助監督は思わず笑ってしまいます。

 

実は、肉味噌らーめんのスープのベースは楓らーめんと同じ。エリンギとしめじがたっぷり入った肉味噌に、辛みが加えられているというわけです。この肉味噌の旨辛がクセになると、ファンが続出しているのだそう。

 

そして、お次は2人で麺を堪能。

「細いけど、コシがしっかりとしていて、スープがよく絡む」とカティー監督はご満悦。はんつ助監督も「麺いいですね」と高評価です。この麺は、製麺所にオーダーしているもので、加水率が低いのが特徴。加水率を下げることで、スープがよく絡み、歯ごたえのある麺に仕上がるそうです。

さて、すっかりお腹も満足した2人は、シネマ作りのリサーチを開始!

 

はんつ助監督が気になるのは、やはりリニューアルをした理由のようです。

「前のお店『虎一』も大人気だったのに、どうしてリニューアルを考えたのですか?」

「私は福島出身で、使う味噌は厚木産がメインなのですが、岩手や福島の味噌もブレンドしていました。しかし、震災で手に入らない食材が出てきてしまったので、思い切ってリニューアルしてみようと思ったんです」と佐藤さん。

ただ、震災で仕方なく……ではなく、新しいものを作りたい、既存の概念に無いようなラーメンを作りたいという強い思いがあったのだそうです。

 

また「本厚木は神奈川淡麗系と言われるようなシンプルなラーメンが多いので、違った味で勝負してみたいという気持ちもありました」と佐藤さんは語ります。「麺や楓」は、ご当地ではなく、オンリーワンのご当人ラーメンというわけです。

 

ちなみに、4月からの限定メニューとして登場したのが、トマトと牛乳を合わせた、イタリアンテイストの「トマトミルクつけ麺」。とっても斬新ですよね。

 

さてさて、新しいラーメン、既存の概念に無いような斬新なラーメンを考え出す店主を前に、2人はいったいどんなシネマを制作するのでしょうか。

back number

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

NEXT